La Pomme de Pin

sous le soleil

セローのオイル交換

セローのオイル交換をしました。エンジン腰上OHしてからの初回なので
バイク屋さんに出向いてやってきました。

ピストン交換してから800km走行、慣らしの後半です。

DSC06421 (Small)

メタリック塗料のように鉄粉がキラキラきれいです。(爆)

って笑い事じゃありません。洗いきれていない、取りきれていなかった
削れたカムシャフトの金属カスがこんなに残っていたなんて!!
バイク屋さんの想定をも超えていたようです。

セローにはオイルフィルターがないんですね、ストレーナー(金網)が
あるだけなので大きなごみは止まりますが、鉄粉は通過してしまいます。

社外品でその小さなスペースに入れるフィルターもありますが、
どうなんでしょうか?オイル容量少なくて一部ベアリングの代わりに
アルミの円盤が回っていたりするセローのエンジンでは、ちょっと
オイル管理悪いと結構各部削れてきたりして、ごく小さなフィルターに
そのカスが引っかかると目詰まりして今度はオイル自体が回らなく
なりそうでコワイ。

どちらがいいのかわかりません・・・

いずれにしてももう少し慣らしの回転数で走らないとダメだし
帰って少し乗ったら自分でもう1回抜くか。

関連記事

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事
カテゴリー
ユーザタグのリスト

月別アーカイブ
リンク
最近のコメント
ブログ内検索

最近のトラックバック
Weather

for your Life


presented by 地球の名言

RSSフィード
QRコード

QR

Counter


現在の閲覧者数: