La Pomme de Pin

sous le soleil

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道旅行 2011 夏 - 初日

7/20 から 8/5 まで 16泊17日。家族4人で北海道周遊に行ってきました。
往復は、アワード航空券。現地ではレンタカー。そして宿泊はキャンプ場。
こんな旅となりました。

まずは羽田から新千歳へ。アワード航空券なので往路は 15:30 とやや遅めのフライト。

荷物はほとんど最初のホテルとレンタカー屋さんに送ってありますのでJRで
札幌市内へ。お寿司を食べてあとは寝るだけ。

IMG_0047 (Custom)

IMG_0048 (Custom)

でも、いつもと変わらずベットで寝れるのも今日だけ・・・
明日からテン泊。

スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

北海道旅行 2011 夏 - 2日目

札幌市内から車を借り出し、送っておいたキャンプ道具とカヤックを
積み込みます。急遽揃えたカヤックとパドル、ライフジャケットが
かさばり、車内は荷物満載となりましたがなんとか積載完了。
今回愛車となったのは年季の入ったホンダCR-V。

ナビのおかげで全然知らない土地でもドライブ開始できます。

まずは札幌市のお隣、北広島市でランチ。ホクレン経営の
くるるの杜、農村レストランへ。

IMG_0058 (Custom)

写真は誰もいない一瞬に撮りましたが、ここは大人気のようで、かなり前から
予約をしていた我が家はすぐに良い席に通されましたが、予約していない人達は
1時間半~2時間待ちと言う状況でも待っていました。

IMG_0052 (Custom)

産地のはっきりした、多くが道内の食材で作られています。

IMG_0055 (Custom)

お野菜そのものの味を楽しめるシンプルなお料理だけのコーナーもありました。

広い敷地にはお花畑もあります。

IMG_0057 (Custom)

まだまだ周囲は市街地ですが、少しずつ北海道らしく
なってきましたよ~♪

IMG_0059 (Custom)

最後に売店でこれからのキャンプ用にお米を調達しました。
これらもすべて道内産。

今日はこの後、高速で夕張まで移動して占冠のAコープで
食料・飲料を調達、南富良野町のかなやま湖畔キャンプ場に設営しました。

出発直前に決めたこの1泊で、明日はカヤックの進水式をする予定。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

北海道旅行 2011 夏 - 3日目(1)

いよいよキャンプ1泊目。かなやま湖畔キャンプ場です。
ここは、カヌーのメッカでもあるようで、各種ツアーや大会も
催されているようです。

バンガローやロッジ、オートキャンプ場も併設されていますが
カヤックの進水式のため、湖畔を狙っておりました。ダム湖である
金山湖の水位も前日までモニター。あまり水位が低いと沼のような
岸部が出艇の妨げになるからです。(この日85~90%あった貯水率は、
2週間後の8/14、39%しかありません。かなり水位の変動が激しいようです。)

その他、いろいろなブログでもレポートされているように
湖畔であるため一部の造成地以外は基本傾斜地であり、上の駐車場から
リヤカーでの荷物運びとなります。子供達は非日常に喜んでいましたが、
カヤックもあるので2往復。ちょっとした洗礼を受けました。

それでもブヨの襲来以外は1年ぶりのバーベキュー、テント泊を楽しむことが
できました。

翌朝は湖面も凪・・・想定しているカヤックのメインはこの後の朱鞠内湖・
クッチャロ湖・釧路川下りです。その前にどうしても砂浜もあるここで
進水式とフルロードでの安全確認をしておきたかった!

家で出発前に膨らませて、チェックをしていますのでスムーズに艤装完了。

IMG_0060 (Custom)

いよいよ千歳ワインにて進水式。

IMG_0063 (Custom)

IMG_0062 (Custom)

そしてまずは一人で処女航海へ。予想通り、超楽しい

IMG_0068 (Custom)

IMG_0083 (Custom)
対岸まで漕いでみたい誘惑に駆られたが、初っ端なのでやめておきました。

IMG_0088 (Custom)
続いて子供達と。これも当然サイコー。

最後に、最大積載重量は超えていませんが、家族4人フルロードでの
テスト航海。今後のためにこれが一番重要。定員オーバーですが、
自己責任にて重量バランス、操船性を考え、座席の位置を微調整。
体格の良い外国人での2名定員なのでインフレータブルとはいえ
船体の剛性も十分かと。

サイトから入り江を挟んだ対岸に4人で上陸。

IMG_0098 (Custom)

対岸にはラベンダー畑があり、まさに旬。観光バスも来ていました。

IMG_0092 (Custom)

IMG_0104 (Custom)

子供が水遊びしている間に撤収。今日のキャンプ地、星に手が届く丘キャンプ場
小移動です。ここは口コミ評判で早くから予約していたところです。次も期待が高まります。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

北海道旅行 2011 夏 - 3日目(2)

今日の移動は南富良野から中富良野と少ないのでゆっくり撤収。
その後、0円マップで隠れた絶景ポイントとおすすめの西達布の丘を
通って富良野は麓郷へと抜けました。

IMG_0105 (Custom)
確かにさりげなく絶景の西達布の丘でした。

富良野は、というか北海道は8~9年ぶり。前回は五郎の石の家、
2002遺言の撮影のため遠くから見ることができるだけでした。

今回は・・・

IMG_0109 (Custom)
ややっ、見えてきた!前回はここまでしか寄れなかったが・・・

IMG_0113 (Custom)
こんなアングルでも!

IMG_0118 (Custom)
あの五郎自慢の風呂もっ!

IMG_0120 (Custom)
こんな小物にも手が届きます。

IMG_0130 (Custom)
そして、ふらのジャム園の先のダートを走って麓郷の高台へ。

そのあとは、前回はなかった拾ってきた家々。

IMG_0150 (Custom)
2002 遺言の中でみんなで建てた、中畑木材の娘夫婦のための家。

他に、ドラマではすでに出来ていた雪子おばさんの家と、その後の物語
と共に純と結ちゃんの家もあります。

IMG_0133 (Small)

IMG_0137 (Custom)

さて、そろそろキャンプ場に行って設営しないと。

IMG_0144 (Custom)

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

北海道旅行 2011 夏 - 3日目(3)

麓郷のAコープでとうもろこしを仕入れていざキャンプ場へ。
その名も、星に手の届く丘キャンプ場!

口コミで本州のキャンパーにも大人気のようです。
わが家もここを一番先に予約しました。

なんでもジンギスカン・レストランを併設していて
それが絶品らしい・・・わが家も娘と自分、大の羊好き。

期待が大きく高まります。

IMG_0242 (Custom)

受付するなり連泊ということもあり、2つ残っていたサイトを
エンジン付ゴルフカートでご案内~。

キャビンの間と正面高台の一番広いところが選択肢でしたので
トイレが遠いながらも、広い方を選びました。

そして設営。2泊なのでちょっと楽。

その後いよいよジンギスカン。信州新町さぎり荘以来の
サフォークを注文。いやなかなかボリュームもあって大満足。

オーナーさんとデッキで食後のお話をしていると、突然絶景が!!

IMG_0154 (Custom)
雲の下に真っ赤な夕陽が最後の一瞬に姿を現しました。

突然の贈り物にスタッフさんも声を上げていました。
ウチの子供達もしばし見とれて。

IMG_0157 (Custom)

IMG_0159 (Custom)

恐るべし・・・北海道。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

北海道旅行 2011 夏 - 4日目

北海道4日目は、旭山動物園へ。天気も良かったので
旭川は暑かった・・・

IMG_0200 (Custom)

場内は、意外と広大でタフな一日となりました。

IMG_0179-(M).jpg

IMG_0186 (Custom)

IMG_0194 (Custom)

IMG_0197 (Custom)

IMG_0187 (Custom)
動物も暑くてバテ気味?

IMG_0205 (Custom)

IMG_0203 (Custom)
DSのカメラで取材中。。。

大行列だった白熊のをあきらめ、アザラシとペンギンのもぐもぐタイムを見て終了。
結構全部の動物見ちゃいました~。

IMG_0210 (Custom)

IMG_0215 (Custom)

夕飯は旭川らーめん。その間にコインランドリーで洗濯・乾燥。
そこのおばちゃんに聞いた温泉に寄ってキャンプ場へ。

IMG_0231 (Custom)

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

北海道旅行 2011 夏 - 5日目

富良野のキャンプ場2泊目の朝もなかなかの好天に恵まれました。

IMG_0236 (Custom)
週末ということもあって賑わってます。

今日は、富良野の新名所 "青い池" や吹上温泉を周って
旭川から高速に乗り、道北は幌加内町の日本最大の人工湖
"朱鞠内湖"畔にあるワイルドなキャンプ場に移動します。

まずは、"北の国から '95 秘密" で宮沢りえと田中邦衛が雪が積もる中
入浴した吹上の湯

IMG_0247 (Custom)
こちらの上段が、源泉そのままで45℃近いそう。専ら地元のおっちゃん
ばかり。下段はお湯を外気にあててから流しているので適温。

IMG_0246 (Customs) (Custom)

わが家はお邪魔にならないように足湯させていただきました。

続いて新名所 "青い池"、吹上の湯でもちょっとお話した地元の
おっちゃん達もその賑わいに驚いていた所です。

IMG_0261 (Custom)

IMG_0259 (Custom)

駐車場もなかなかの混雑。徒歩7~8分の道のりもいろいろな
人種で賑わっておりました。(ヒールのお姉さんも歩いていた)

でもさすがに歩いた価値はありました。なぜ青くなるかも解明されて
いないというここ、賑わっているわけです。

このあとは、旭川から高速を使って音威子府を経由し、士別市内で
買出しをして受付終了ギリギリの18時前にキャンプ場に着きました。

暗くなる前に車で乗り入れが出来る第二と第三サイトを見て回り、
この日貸切状態だった第二の岬の先端部に設営しました。

IMG_0324 (Small)
第2サイトの駐車場から湖畔方面。この林間がサイトになってます。

ここならカヤックも出しやすいし、何より絶景。空いていて
ラッキーでした。

IMG_0268 (Small)
キャンプ場の管理棟。向かいにシャワーとランドリーがある。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

北海道旅行 2011 夏 - 6日目

一夜明けて翌日、朱鞠内(しゅまりない)湖畔のサイト。
昨晩は、焚き火をして飯盒でご飯を炊き、お肉を焼いて
満天の星空。子供達も火遊びをしてちょっと夜更かし。

それでもキャンプの朝は目覚めもよかった。こんな素敵な場所だもん。

IMG_0334 (Small)

6日目のこの日は一日中キャンプ場でまったり。
まずは貸し竿を借りてきて子供達は釣り。子供達が釣れるのか?
と思っていたら、なんと釣れた!5歳の息子までも!なんでも
ゲームと同じようにやってみたらしい・・・(笑)

IMG_0279 (Small)

エサのミミズも最初は怖がっていましたが、娘も息子も
触れるようになりました。

IMG_0278 (Small)

子供達が釣りに夢中になっている間、僕はカヤックで漕ぎ出す。

IMG_0273 (Small)

IMG_0269 (Small)
沖から釣りをする子供達を見た。なかなか非日常な構図。

午後は、例によってカヤックに家族4人フルロードで湖の対岸へ上陸。

IMG_0317 (Small)

ここはヒグマ注意の完全なるバックカントリー。

その後、管理棟でエビ採りの仕掛け作り。入漁料を払うと付いてくるらしい。

IMG_0285 (Small)

これを管理人のおねぇさんと一緒に入り江の浅瀬に仕掛けます。
明日の朝が楽しみ。子供達もワクワクしてます。

この辺りは、朱鞠内キャンプ場ブログの 7/2526日に載りました。

----------------------------------------------------------

そして日暮・・・

IMG_0303 (Small)

こんな景色をサイトから見ていたら俄然漕ぎたくなり今日3度目の湖上の人となる。

IMG_0304 (Small)

IMG_0307 (Small)

鏡のような湖上からサンセット。

やはり思い出しながら記事を書いてみてもこの日の充実度が
高かったのがわかります。子供達もここがいたく気に入った
ようで、この後旅の終盤でもできることならもう一度行きたい!
と言っておりました。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

北海道旅行 2011 夏 - 7日目(1)

一夜明けて、北海道上陸7日目。あっという間の1週間です。
例によってキャンプの朝は早く、5時半起床。普段と全然違います。(笑)

IMG_0311 (Small)

今日もありがたい事に好天。すでに太陽はかなり昇っていました。
早速早朝のベタ面の水面でカヤック遊び。第一雨竜ダムの方に
漕いで湖内の島を目指してみたりしました。

そして10時過ぎ、昨日のエビの仕掛けを回収してみます。

IMG_0331 (Small)

いました、いました。一昨日仕掛けたファミリーは不漁だったそうですが
幸いに家族4人で食べるくらい獲れました。

IMG_0330 (Small)
なんと1尾、ドジョウさんも獲れました~。これはリリース。

サイトに戻って撤収前にサッとから揚げに。

IMG_0332 (Small)

IMG_0333 (Small)

サクサク、カリカリでいただきました~♪ 

その後、サイト撤収。管理棟のおねぇさんにバイバイして
更に道北を目指します。

IMG_0325 (Small)

そういえばここの大自然の中のキャンプ場、クワガタを探して
いると、↑ ↑ のような残骸があちこちで見つかります。
キツツキか何かにみんな食べられてしまうそうです。ハサミ部分
しか残っていません。なんてワイルド!

ちょっと遅いランチは、北海道随一のそばの産地、幌加内町
ということで、町内の蕎麦屋さんへ。郵便局を改装したお店です。

IMG_0339 (Small)

このあとは、天塩からツーリングライダーの聖地とも言える
オロロンラインへ。利尻富士と夕陽が拝めそうです。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

北海道旅行 2011 夏 - 7日目(2)

幌加内でのちょっと遅いそばランチの後は、天塩町に向かい
道道106号、通称オロロンラインを目指します。

今日はお天気にも恵まれ、利尻富士をバックに日本海に沈む
夕陽が臨めそうです。

IMG_0344 (Small)
ちょっと、ギリギリかな? 間に合うかな?

IMG_0345 (Small)

オロロンラインに出ましたが、天塩市街近くは道路も幾分内陸で
吹雪よけやら障害物が多い!

どこまで進めるか?

IMG_0346 (Medium)
たまらず、オロロンラインから左折して海を目指しました。
堤防の上から。

IMG_0347 (Medium)

いよいよサンセット。しばし見つめて再びオロロンを北上。程なくオトンルイ風力発電所
見えてきました。この場所もツーリングライダーの定番中の定番。暗くてボケ写真しか
ありませんでしたので、フリー素材 から拝借。

ororonline (Small)

そして北緯45度線のモニュメントにて。

IMG_0375 (Small)

IMG_0372 (Small)
3人で "N"←ちょっと密かにここでやりたかった・・・

背後には、夕闇の中に利尻富士のシルエット~~~。今日も最高!!

IMG_0366 (Medium)

本日は、この先豊富町の兜沼キャンプ場のバンガローにチェックイン。
超お手ごろ価格で管理人さんも親切。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

北海道旅行 2011 夏 - 8日目

北海道上陸8日目。兜沼のバンガローで朝を迎えました。

ここは管理棟で自転車が無料レンタル。繁忙期でなければ
トイレとの往復にも使えます。子供用ももちろんあります。

IMG_0381 (Small)

今日の観光は、サロベツ原野~オロロンラインの後半~ノシャップ岬
~稚内~宗谷岬です。

まずはサロベツ原野を展望台から眺める。う~ん、まさに何もない。
女性を含むハーレー軍団と遭遇したが、彼らの皮のパンツやジャケットが
見るからに暑苦しかった。(この軍団とはこの後別の場所でも遭遇。)

IMG_0382 (Small)

続いて工房レティエにてジェラート休憩。とてもおいしかったので
ついチーズを買ったり、ホエー豚のオーナー制度にも出資してしまった。

写真にもポスターが写っていますが、ここから宗谷ふれあいスタンプラリー
始めました。スタンプを集める為に通常行かないようなお店や農場に
行く事が出来てとてもいい思い出になりました。

IMG_0393 (Small)
子供達は外のワンちゃん達とお友達になってました。

そしてサロベツ湿原センター。今改めて調べたら、ここは今年できたばかりのようです。

IMG_0402 (Small)

遊歩道を一回り。

IMG_0403 (Small)

この後は、オロロンラインへ出てさらに北を目指します。

IMG_0411 (Small)

エサヌカ線に勝るとも劣らない原野を貫く直線路。

IMG_0423 (Small)
ノシャップ岬に到着。

そして稚内の市街を抜けて宗谷へ。想像以上に大きな街でした。
北防波堤ドーム

IMG_0007 (Medium)

IMG_0004 (Small)

稚内副港市場。例によって15時過ぎると閉店。(宗谷の帰りに立ち寄り)

IMG_0011 (Small)

宗谷岬に近づいたところで、右に曲がりダートを上ります。

IMG_0431 (Small)

ここは、宗谷丘陵。宗谷黒牛が放牧されています。海へ向かって続くダート。

IMG_0425 (Small)

IMG_0430 (Small)

岬の方へ下っていくと、風車がランドマークたる、
ゲストハウス アルメリアが見えてきました。すでに15時を
過ぎています。北海道タイムでは、夏の繁忙期でさえ閉店しかねない
時間。少し早いですが、夕食にすることにしました。

IMG_0437 (Small)

ここでは、海の幸以外に先ほど見てきた宗谷黒牛が提供されています。
これは両方いただかねばと、宗谷黒牛カルビ焼定にウニ盛を追加オーダー。
そして稚内といえばタコ。タコ刺しも追加。

IMG_0434 (Small)

IMG_0432 (Small)

カミさんと下の子で海鮮丼。と追加したタコ刺し。↑↑

IMG_0435 (Small)

娘は、黒牛ハンバーグ定。おいしい、おいしいとペロっと平らげた。

IMG_0433 (Small)

これぞ宗谷!という欲張りメニューで大満足。幸せいっぱいで最北端宗谷岬へ。

IMG_0444 (Small)

IMG_0454 (Small)

こんなにサハリンが近い!

IMG_0442 (Small)

無事に最北端給油証明書ももらえました。でもお店はみんな閉まってました。
さっき、食べといてヨカッター。この時期日が長くてホントに助かりました。

帰りに寄った、豊富温泉が衝撃的!なんと石油臭。油も浮いています。
なんでもサロベツ原野は泥炭層。そのため天然ガスも出ようでお湯は油分があるためか
アトピーにも効くらしい。

IMG_0012 (Small)
日本最北の温泉街だという、豊富温泉。

ここの川島旅館で名物の白いプリンとラリーのスタンプもゲット。

今日も兜沼に連泊しました。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

北海道旅行 2011 夏 - 9日目

兜沼公園にて2泊目、キャンプ場から朝の兜沼。

IMG_0013 (Medium)

それにしてもバンガロー泊に慣れるとテントの設営・撤収がとても面倒・・・
(実際この後、クッチャロ湖以外すべてバンガロー泊になってしまうのです。)
予定では兜沼または稚内森林公園にて1泊、宗谷経由でクッチャロ湖2泊の幕営でした。

IMG_0014 (Small)

今日は例の宗谷スタンプラリーをしつつ、クッチャロ湖まで。

このイベント、2010年と印刷された去年のものを、Xをつけて2011年に
直しています。昨年が口蹄疫で中止になったので、"もったいない"の精神で
再利用しているとのことでした。全19ヶ所、わが家は最終的に16個ゲットしました。

IMG_0021 (Small)
サロベツファーム。水色の旗がスタンプラリーの目印。

IMG_0019 (Small)
こんなのどかな?ちょっと怖い?道を通ってこれからの朝食用に鶏卵を買ってみたり。
(これもスタンプポイント)

そして朝キャンプ場から見た兜沼のほぼ対岸、農家レストラン"ミセス・ロビンソン"でランチ。

IMG_0022 (Small)

IMG_0023 (Small)

IMG_0024 (Small)

農家を改造した素敵なレストラン。宿泊もできるみたいですね。それにしても
当日の朝でしたが、予約しておいてよかった・・・

この日、ランチに訪れたのは恐らく3組。ウチが予約も1番で入店も1番でした。
それでも今日はお手伝いの方がお休みだそうで料理の1品目が出たのは約1時間後。
後から到着した関西からのファミリーは注文までが入店後30分、料理もウチのが
すべて出来てからの提供でした。(食べログの口コミ通り)小さい子もいたので
ちょっとかわいそうでした。

IMG_0028 (Small)

IMG_0031 (Small)

IMG_0034 (Small)

IMG_0035 (Small)

IMG_0036 (Small)

わが家のオーダー。時間はかかりますが、作り置きしないスローフード。
周りに何もない窓から兜沼を眺めながら、究極のマッタりタイムとなりました。

午後は、サロベツ原野を突っ切り猿払村に抜け、今日のハイライト?
"村道 エサヌカ線"に向います。

IMG_0038 (Small)
こんな標識が、ツーリング気分を盛り上げます。

そして国道238号線から、ポロ沼の先、橋を渡って左折・・・

IMG_0046 (Medium)

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

IMG_0048 (Medium)

IMG_00531.jpg
シカも普通にいます。20km以上の直線路とありますが実際は数箇所
クランク状になっています。それでもそれを過ぎるとまた・・・

IMG_0054 (Medium)

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

というわけで、思わず動画も撮りました。



IMG_0057 (Small)
よつ葉乳業(株)宗谷工場。(これもスタンプラリーの設問の答え)

そしてクッチャロ湖畔キャンプ場到着。急いで設営。オフミ?とも思える
キャンカー6台以上。ライダー、最後に到着のチャリダー2人。そして
林間学校も・・・混んでます、道内初めての賑わいです。子供達もカミさんも
人口密度にメゲてます。それでも温泉もあるしロケーションはやっぱ良かったです。

IMG_0059 (Small)

IMG_0058 (Medium)

夕日の湖上を漕ぐべく、カヤックも大急ぎで艤装。子供達と湖上に出ます。

IMG_0060 (Small)
超ベタ面じゃないですか~♪

DSC08039 (Medium)

道内の方が"ハマトン"と呼ぶ、浜頓別町温泉もあり、サイトから漕ぎ出せる
ラムサール条約登録の汽水湖。静かなときにまた訪れたいところです。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

北海道旅行 2011 夏 - 10日目

今日はクッチャロ湖から、網走方面に向います。すっかりテントの
設営・撤収が面倒になり、バンガローのあるキャンプ場、ということで
検索しつつ、最終的にはコムケ湖の先で網走の手前、湧別町の
五鹿山公園キャンプ場のログキャビンが今日の宿泊地となりました。

例によって寄り道をしつつ、のんびり進みます。まだスタンプラリーも
継続中です。まずは同じ浜頓別町内にて子供達のやりたがっていた
砂金採り

IMG_0068 (Small)

ここはキャンプ場でもあるようです。きれいな芝生のサイトでした。

IMG_0069 (Small)

子供達の分だけ支払って、川ではなく水槽掘りコーナーで挑戦。金は重くて
砂底にたまるとの事で、体験コーナーでも思いっきり底をさらわないといけなくて、
やはり小さな子供には厳しかった。

それでもインストラクターの地元のおじちゃんが、1粒 \100 だという砂金の粒を
数粒入れてくれ、それをおじさんと一緒に(ほとんどおじさん)探し出して終了。

IMG_0073 (Small)

明日はここのウソタンナイ川の上流にて本格的な砂金採りツアーが
16名参加であるとのこと。(国有林内なので許可証も必要とのこと)

毎年、数粒ずつ採っては貯めていく常連さんもいるらしい。
ともかく、子供達二人とも4~5粒の砂金をゲットして満足な様子。

続いては、スタンプラリーの続きを2軒。まずはチーズ屋さん。試食が
おいしいのでついつい購入。なまら蝦夷に載っているすぐ近所のパン屋さんは
廃業してしまったとのこと。残念・・・

IMG_0075 (Small)

そして、歌登木イチゴ栽培耕作組合。ちょっと見つけにくくて、迷いましたが
木イチゴジャムとハスカップジャムをお土産に購入。ここで最後、16ヶ所
もってスタンプラリー終了。

IMG_0077 (Small)
スタンプではなく、クイズの答えを書くポイントもあります。結構がんばって周ったので
抽選にも当たるといいなぁ・・・なんて。

次は、オホーツク沿岸を離れ"トロッコ王国"へ。ここは道北への往きに
時間がなくて寄れず、道東に向かうこのチャンスを狙っておりました。個人的に
ここは必ず寄りたかったところでした。

IMG_0107 (Small)

まず駅舎跡の受付・売店にて支払い。寒い日や雨天時用には、カッパやオーバーコートを
貸してくれるようです。

IMG_0100 (Small)

そしてエンジン付のトロッコで出発。レトロなものから新しい型まで
また、定員もいろいろあるみたい。それでは片道5キロ、結構長くて
楽しい旅を動画にて~♪ 結構スピード出ます。





単線で折り返し運転のため、待ち時間が40分と設定されているようです。
今回はギリギリ最後の組で出れたので待たずに済みました。ラッキーでした。

IMG_0102 (Small)

帰りにまたまたチーズ屋さんでお買い物。子供達は山羊さんに餌やり。

IMG_0106 (Small)

目的を果たせて満足しつつ、オホーツク沿いに戻ります。途中道の駅おこっぺにて
なんと無料の旅人用簡易宿泊施設、「ルゴーサエクスプレス」を調査。

IMG_0110 (Small)

IMG_0111 (Small)
こちらは簡易休憩所「語らいの舎」

20110827184026e38s.jpg

ライダーなど旅行者のための簡易宿泊施設「出あいの宿」(無料)
0円マップに載っているためか、ソロの若者が5人位利用していました。

わが家はというと電話してあるので大丈夫なのですが、今日も暗くなってからの
キャンプ場着。五鹿山キャンプ場の夜間受付は、なんとキャンプ場入口脇の普通のお宅。
民生委員さんもなさっていらっしゃるようです。ホント助かります。

自炊も出来ないのは明白。途中でお寿司を買いこんできました。

IMG_0114 (Small)

北海道のお寿司はホントにおいしい・・・今日も一日幸せでした。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

北海道旅行 2011 夏 - 11日目(1)

11日目、昨晩からしとしと降っていた雨はまだパラパラと降っていました。
湧別町五鹿山公園キャンプ場の朝・・・

IMG_0117 (Small)
ここは、各棟にテーブルと炉が用意されています。設備はなかなか。

IMG_0118 (Small)
テントサイトの様子。フリーではなく、区画になっているようです。

IMG_0119 (Small)
ログキャビンの内部。AC電源もありましたので機材の充電もバッチリ。

IMG_0121 (Small)
下部にはオートサイトもありました。オートサイト脇のこの列車は何だろう?
このオートサイトに今回の旅計画で参考にさせていただいたブログのご家族
いらしたようです。空いていたのは覚えていますが気付かなかった~。

今日はサロマ湖、網走を経由して野付半島は別海町の尾岱沼ふれあいキャンプ場まで
移動します。こちらもバンガロー泊。

まずはサロマ湖。個人的には子供のときから北海道の地図を見ては
なぜか惹かれていたところです。雨は小降りになりましたので
オホーツク国道238号から折れてサロマ湖展望台へ。

IMG_0132 (Small)

ダートの山道を5km程登ります。

IMG_0130 (Small)

残念ながら途中から霧の中でサロマ湖の眺望は望めませんでしたが、
代わりに雨に濡れた、人慣れしてしまった、かわいそうなキタキツネが
出てきてお出迎え。

IMG_0126 (Small)

IMG_0128 (Small)

こうして観光客からエサをもらっているのでしょうか?餌付けされると
自分でエサを取る事を忘れ、結果長生きできないといいます。

再び山を下りて道の駅サロマ湖「物産館みのり」へ。

IMG_0137 (Small)

お土産購入と小腹を満たすためにホタテ焼きや北海縞エビなどを外の出店で購入。

IMG_0134 (Small)

IMG_0133 (Small)
いかにも漁師のおっちゃん風なおじさんの豪快な料理。でもサイコーにウマー。

IMG_0136 (Small)

IMG_0135 (Small)
ホタテはもちろん、北海シマエビも揚げただけの牡蠣もバカウマ!

IMG_0143 (Small)
まるで海のようなサロマ湖。幾分明るくなってきました。

続いてサロマ湖の対岸、湖とオホーツク海を隔てる州の中、
栄浦(ワッカ)地区へ。ネイチャーセンターからレンタル自転車で
ワッカ花の聖水を目指します。

伊豆の大瀬崎にある神池のように、両サイドを海水に囲まれながら
真水が湧き出すところです。

長くなったので、続きは次回。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事
カテゴリー
ユーザタグのリスト

月別アーカイブ
リンク
最近のコメント
ブログ内検索

最近のトラックバック
Weather

for your Life


presented by 地球の名言

RSSフィード
QRコード

QR

Counter


現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。